メニュー

農機具コラム

農機具の買い取り方法について

最終更新日:2021年04月09日(金) 公開日:2021年04月07日(水)

農機具の買い取り方法に迷ったら農機具専門買い取り業者への依頼がおすすめです。壊れた農機具でも買い取ってもらえることがあり、処分費の節約にもなります。しかし、事前の準備をしっかりできていないと、査定金額が付かないこと場合もあります。こちらの記事では農機具を少しでも高く買い取ってもらうための方法を解説します。

不要になった農機具の処分を考えている場合は、農機具専門買い取り業者に相談してみましょう。

専門業者であれば、壊れている農機具でも現金化できる可能性があります。

しかし、買い取り査定で高評価を得るには事前の準備が不可欠です。

農機具をお得に処分するためにも、査定が高評価になる買い取り方法について理解しておきましょう。

農機具の買い取り方法

農機具の買い取りを希望する場合、ネットオークションで売却する方法と、農機具専門買い取り業者に依頼する方法があります。

しかし、ネットオークションはデメリットも多いため、専門業者へ買い取り依頼をする方がよいでしょう。

ネットオークションでの買い取りはデメリットが多い

ネットオークションで農機具の売買がされているケースは意外と多く、上手くいけば高額で買い取ってもらえるチャンスもあります。

しかし、実際にはデメリットの方が大きく、あまりおすすめはできません。

近年普及しているフリマアプリも同様です。

ネットオークションで農機具を売却する場合、

  • 事前のメンテナンスに手間と時間がかかる
  • 故障している農機具は売却できない
  • 売れた際は送料も負担しなければならない
  • 売却後の故障が判明した場合トラブルになる可能性がある
  • 買い手が付くまで手元に置いておかなければならない
  • そもそも買い手が付くか分からない

といったデメリットがあります。

農機具の買い取りは専門業者がおすすめ

不要な農機具の買い取りは、農機具専門の買取り業者への依頼がおすすめです。

専門の知識を持ったスタッフが査定を行い、適正な価格で買い取ってもらうことができます。

出張サービスに対応している業者であれば、トラクターなどの大型農機具も簡単に売却可能できるでしょう。

また、買い取り業者であれば、故障している農機具も買い取ってもらえる場合もあります。

日本製の農機具は性能が良く、修理すれば使えるようになるためです。

修理不可の状態であっても解体して部品を利用できることもあるので、まずは業者に相談してみましょう。

農機具を買い取りに出す前の準備

トラクターなど車両型農機具の買い取りを依頼する際の事前準備について解説します。

車台番号の確認は重要事項ですので、必ず行いましょう。

車台番号を確認する

車両型農機具を買い取り依頼する際は、車台番号が読める状態であるか確認しておきましょう。

車台番号は農機具の買い取りにおいて非常に重要視されており、番号が確認できないと買い取りをしてもらうことができません。

理由としては車台番号が削られていたり、二度打ちされていたりする車両は盗難車の可能性が捨てきれないからです。

不可抗力で車台番号が潰れてしまっていても、購入時の書類が残っていれば査定を受けられる可能性があります。

その場合は買い取り業者に相談してみましょう。

ナンバー登録を解除する

トラクターなどナンバープレートの付いている農機具は買い取り前にナンバー登録の解除を行っておきましょう。

ナンバー登録を解除しておかないと、売却後も税金を払い続けることになってしまいます。

ナンバー登録の解除は役所で申請できるので、買い取ってもらう前に忘れずに対応しておきましょう。

農機具を高く買い取ってもらうためにしたい5つのこと

農機具を少しでも高く買い取ってもらう為の方法を解説します。

全て簡単なものばかりですので、可能な限り対策を取っておきましょう。

1.日ごろから小まめにメンテナンスを行う

農機具を高く買い取ってもらうためには、日頃の小まめなメンテナンスが欠かせません。

状態がよければ査定で好評価が付くことに加え、整備記録が残っていればさらに査定額がアップする可能性もあります。

2.査定に関わる項目を確認する

査定に関わる項目を確認し、事前に農機具の状態を把握しておきましょう。

売り手側が農機具の状態を把握していれば、業者とのやり取りがスムーズになり、査定アップが期待できます。

確認すべき項目は多岐に渡りますが、全て簡単に確認できるものばかりです。査定前には以下の項目をチェックしておきましょう。

  • メーカー名
  • 正式な型番
  • エンジンの掛かり具合
  • 車体の状態(凹み、サビなど)
  • タイヤの状態(ひび割れ、すり減り、パンクなど)
  • エンジンオイルの有無
  • 灯火類の点灯
  • 作業機の動作
  • 付属品の有無
  • 購入年数
  • 稼働時間(アワーメーター)

3.泥を落とし綺麗な状態にする

査定に出す前には農機具の泥やほこりをしっかり取り、できる限り綺麗な状態にしておきましょう。

どうせ泥まみれになる農機具だから綺麗にする必要はないだろうと考える方もいるかもしれませんが、きちんと汚れをとって、アワーメーターが見やすい状態であったりすると。査定額がアップすることもあります。

買取りに出す際のエチケットでもあるので、清掃は抜かりなくやっておきましょう。

4.生産から15年未満の状態で売却する

農機具を売却する場合は、生産から15年未満の状態で依頼しましょう。

農機具は長く利用できる製品ですが、生産から年数が経てば経つ程買い取り額は下がっていきます。

特に製造15年以上の農機具は国内での流通が難しく、買い取り額が大きく下がってしまう傾向があるので、なるべく早めに売却しましょう。

5.農機具が高く売れるシーズンを狙う

農機具の需要が高まる時期を狙って売却すれば、通常より高い価格で買い取ってもらえることがあります。

田植え機であれば4~6月、コンバインであれば9月頃など、その農機具が活躍する時期の売却がおすすめです。

農機具の買い取りは専門業者に依頼しよう

不要な農機具の買い取りは農機具専門買い取り業者への依頼がおすすめです。

故障した農機具でも買い取ってもらえるので、処分費の節約にも繋がります。

ネクストは、中古農機具買取専門店です。

地域で1番の高額買取を目指しており、出張査定も無料で承ります。

また、最短でその日のうちに伺うことも可能なので、お急ぎの方にもご利用いただけます。

無料オンライン査定も行なっておりますので、以下のページよりご依頼ください。

こちらの記事の監修者

中古農機具買取専門店ネクスト

中古農機具買取専門店ネクスト 編集部

中古農機具買取専門店ネクストでは、トラクター・コンバイン・田植機などの農機具をはじめ、ユンボ・重機・各種パーツ類などの農機具買取を行っております。