メニュー

コラム

耕運機を高く買い取ってもらうには?

耕運機は農業に欠かせない農耕機械だけに、中古市場での需要は高いです。だからといって、必ずしも高価買取されるわけではなく、状態によっては査定額は低くなります。

今回は、農耕機の買取相場と、少しでも高く買い取ってもらうためのポイントを解説します。

耕運機の買取価格は1万〜20万円が相場

耕運機は本業の農家から趣味の家庭菜園まで、農業には欠かせない農業機械のひとつです。それだけに中古市場の需要は高く、さまざまな買取業者が積極的に買い取りをしています。

買取価格の相場は下記のとおりです。

  • ● 小型:1万前後
  • ● 大型:1万〜2万円

なお、クボタ・ヤンマー・イセキのような大手メーカーの耕運機は人気が高く、高価買取が期待できます。

耕運機を高く買取ってもらうためのポイントとは?

耕運機はメーカーや年式のほかにも、整備状況や付属品の有無などさまざまな要素で査定額が決まります。

ここでは、具体的に高く買い取ってもらうためのポイントを4つご紹介します。

1. 日々のメンテナンスを欠かさない

耕運機はメンテナンスを怠ると各部品の劣化が早まり、動作不良を起こしやすくなります。状態のよくないものは査定額が低くなりやすいため、売却を考えているのならメンテナンスは欠かさずしておくべきです。

なお、メンテナンスの内容はオイル交換のような本格的なものから、付着した泥を落としたり、絡まった草を除去したりと多岐にわたります。簡単な清掃も査定での評価に関わることを覚えておきましょう。

2. 部品や説明書など付属品を揃えておく

主に趣味の家庭菜園で使われるような小型の耕運機の場合、交換部品や説明書、保証書、メンテナンス履歴、箱などの付属品が揃っているものほど査定額は高くなる傾向にあります。なかでも、保証期間内のものは保証書があると高価買取されやすいです。

3. 思い立ったらすぐ査定依頼をする

耕運機は趣味の家庭菜園でもよく使われるものだけに、各メーカーからさまざまな製品が出ています。マイナーチェンジされることも珍しくありません。

査定額は古いものほど低くなるので、買い取りを思い立ったら、すぐに査定を依頼するとよいでしょう。

4. ほかの農業機械とまとめ売りする

買取業界全体で共通している点として、同じジャンルの製品をまとめると査定額のプラスにつながりいやすいです。

耕運機とまとめ売りするなら、農業機械のトラクターやコンバイン、テーラーなどがよいでしょう。耕運機のほかに眠っている農業機械があれば、まとめ売りをおすすめします。

メンテナンスなどで耕運機の高額買取を目指しましょう

耕運機を高く買い取ってもらうためのポイントをまとめました。

耕運機は趣味の家庭菜園でもよく使われるため、中古市場での需要は高いです。ただし、買取価格は耕運機の状態によっても差が出ます。日々のメンテナンスを欠かさないようにしましょう。

なお、条件が同じであったとしても、買取業者によって査定額に数万円の差が出ることがあります。時間に余裕があれば、複数の買取業者で相見積りをとるのがおすすめです。高く買取してくれる業者が見つかるかもしれません。

こちらの記事の監修者

中古農機具買取専門店スタッフ

中古農機具買取専門店スタッフ

中古農機具買取専門店ネクストでは、トラクター・コンバイン・田植機などの農機具をはじめ、ユンボ・重機・各種パーツ類などの農機具買取を行っております。