メニュー

京都府対応の農機具買取サービス

京都府での農機具買取について

京都では昔から、他の地域にはない品質のよい多くの種類の野菜が作られてきましたが、虫や病気に弱いなど作り方が難しく、たくさんの量は作られていませんでした。

そこで京都府では、その中でも特に古い歴史を持つ約40種類の野菜を「京の伝統野菜」と名付け、作り方を研究したり、農家に育て方を説明したり、新聞やテレビで宣伝するなどしてたくさんの人に食べてもらえるよう工夫をしてきました。

今ではこの「京の伝統野菜」を中心に京都府で作られた野菜が「京野菜」として、スーパーや八百屋さんで売られています。

「京の伝統野菜」として売られている主なものは、「みず菜」「壬生菜」「九条ねぎ」「伏見とうがらし」「賀茂なす」「えびいも」「堀川ごぼう」「聖護院だいこん」などです。

これらの「京野菜」を中心に、京都でとれる農林水産物の中でも、特に品質のよいものを「京のブランド産品」といわれています。

稲作は、京都で育ったお米を「京都米(きょうとまい)」と名付けています。

京都は、京都盆地以外は、ほとんど山に囲まれていて、山の多い地域です。

このため、お米は、山間地の田んぼで作られていることが多く、水もきれいです。

おいしいお米を育てる気候にも恵まれています。

さらに、おいしくて安心・安全なお米を作るために、化学肥料や農薬の使う量をへらす工夫をしています。

皆さんが毎日食べているごはん用のお米を「主食用米」といって、コシヒカリやキヌヒカリなどの種類があります。

他に、お酒などを作るのに使うお米「酒米(さかまい)」もあります。

2016~2018年には南丹地域で作られたキヌヒカリが、全国のお米ランキングで一番おいしいお米であるという「特A」ランクを獲得しました。

また、丹後地域で作られたコシヒカリも何度も「特A」を獲得しています。(最近では2012~2014年に獲得)

また、2019年には、皇位継承に伴う大嘗祭が行われるにあたり、南丹市八木町永所区の水田で栽培した「丹波キヌヒカリ」を献上しました。

他にも、京都で作られている代表的な豆は、小豆、黒大豆です。

特に丹波地域(京都府のまん中あたり)や丹後地域(京都府の北部)で作られる黒大豆と小豆は、土が豆の生長に合っていることや、豆が昼と夜の温度差が大きい所でよく育つことから、粒が大きく品質がすぐれていて、全国的に有名です。

そんな多彩な農業を行なっている京都府ではトラクター、コンバイン、田植機はもちろん、トラクターに取り付けるアタッチメントパーツの畦塗り機、溝掘機、ハロー、プラウなども多く、移植機、収穫機、ロールベーラやマニアスプレッダーなどさまざまな農機具が古くてもまだまだ中古市場で需要があります。

壊れたり、古くなった農機具を買取にだされることも多くあります。

トラクターひとつとってもメーカーはクボタ、ヤンマー、イセキ、三菱、ヒノモト、シバウラ、ホンダ、ジョンディア、マッセファーガソン、フォードなど様々なメーカーの農機具が買取に出されます。

他にもコンバイン、田植機、ハローやプラウなどのアタッチメントパーツ 、動力噴霧器、移植機、収穫機、運搬車、草刈機、ユンボ、トラックなどどのような農機具でも真摯に対応させていただきます。

まずはネクストにお気軽にご相談ください。

無料問い合わせ0120-700-399

京都府の主要な農業について

京都は約3万2千ヘクタールの農地のうち、2万5千ヘクタールが水田です。

山地の多い京都には、山間に水田が散在しており、昔は農作業に大きな苦労を伴いましたが、現在では農機具の普及と発展で生産性が上がっています。

特に丹後地方で生産されるコシヒカリは、ブランド米として有名で、黒大豆や宇治茶など、全国的に有名な農産物も数多くあります。

都市近郊では野菜の栽培が盛んで、賀茂なす、壬生菜、聖護院大根、堀川ごぼうなど、京都の地名がつく伝統的な京野菜も、全国に流通するブランド産品になっています。

このような農産物の生産で、京都府全体の年間農業生産額は663億円に上り、農機具の使用率も高くなっています。

京都の北部や中部は一般に穀倉地帯ですが、高齢化の影響で兼業農家が多くなっています。

そんな京都府の農業は多種多様な農業機械が多く、買い替える農家さんもたくさんおられます。

そんな中、古くなったり壊れた農機具がどうなっているかというと、そのような農機具が農家の倉庫で放置されているケースが実に目立ちます。

使い終えた農機具を次使いたい方に繋げるお手伝いをさせて頂きます。

お気軽にネクストまでご相談ください。

京都府の農業で使われている農機具

京都府では「京の伝統野菜」として売られている、「みず菜」「壬生菜」「九条ねぎ」「伏見とうがらし」「賀茂なす」「えびいも」「堀川ごぼう」「聖護院だいこん」などを筆頭に稲作では、京都で育ったお米を「京都米(きょうとまい)」と名付けています。

京都は、京都盆地以外は、ほとんど山に囲まれていて、山の多い地域です。

このため、お米は、山間地の田んぼで作られていることが多く、水もきれいです。

おいしいお米を育てる気候にも恵まれています。

他にも豆、大豆やもちろんお茶も全国的に有名で多種にわたり農業が盛んな地域です。

そんな多彩な農業を行なっている京都府ではトラクター、コンバイン、田植機はもちろん、トラクターに取り付けるアタッチメントパーツの畦塗り機、溝掘機、ハロー、プラウなども多く、移植機、収穫機、動力噴霧器、ロールベーラやマニアスプレッダーなどさまざまな農機具が多く使われ、まだまだ中古市場で需要があり高価買取も可能になります。

もちろん壊れていても、古くても買取のできるものはたくさんございます。

使い古して倉庫、納屋の奥に置いたままになってる農機具もまだまだ買取のできるものかもしれません。

使い終えた農機具を次使いたい方に繋げるお手伝いをさせて頂きます。

まずはお気軽にネクストにご相談ください。

買取の流れ

お問い合わせ
step1
出張査定
step2
お支払い
step3ご成約 (即日現金)
引き上げ
step4
未来につなげる
step5

京都府対応店舗の情報

私どもネクスト京都店は、対応地域として京都府、滋賀県、三重県、兵庫県、奈良県、和歌山県、大阪府、福井県を中心に全域対象地域として日々営業スタッフが走り回っております。

中では、遠いけど大丈夫?出張費かかるの?などご心配されるかたもおられますが決して弊社からお金をいただくことはございません。

私どもは、店舗を増やすことでかかるリスクや経費を削減すること、また毎日数件の査定を近辺で組ませていただくことで無理のない出張無料査定を可能にしております。

ご安心してお困りのことがありましたらお気軽にネクストにご相談ください。

使い終えた農機具を次使いたい方に繋げるお手伝いさせて頂きます。

京都店

京都府での農機具買取実績

京都府南丹市

クボタ トラクター

F55F3BC1-4E06-44A9-9DF6-69DE415BB9BE.jpeg

エリア 京都府南丹市 2020/08
メーカー クボタ
型式

GL25

買取相場   ¥230,000~

京都府京丹後市

クボタ ホイルローダー

F75CC982-E40C-476D-95A2-9AED6BEB9BFF.jpeg

エリア 京都府京丹後市 2020/08
メーカー クボタ
型式

RA300

買取相場   ¥350,000~

京都府舞鶴市

クボタ トラクター

F79F7C3A-3516-40FD-B9D4-8ECC3E3E6F12.jpeg

エリア 京都府舞鶴市 2020/08
メーカー クボタ
型式

GT21

買取相場   ¥300,000~
無料問い合わせ0120-700-399

京都府で高く買い取りしてくれる買取業者を選ぶポイント

買取額に相場はありますが、その中で業者によって価格に差があります。

まず業者選びに気にするべきポイントが、国内販売や貿易販売、業者販売など販売ルートが多数ある業者選びが大切です。

その機種、状態にあった1番良い販売経路を持っている業者は比較的に高価買取がしやすくなっております。

それでも相場がわからない方はもちろんたくさんおられます。

相場がわからないと不安にもなりますので、そんな方は相見積もりをオススメします。

数社査定を依頼して査定金額を比べてみるのもいいでしょう。

その際は、是非ネクストにお声がけください。

私どもは使い終えた農機具を次使いたい方に繋げるお手伝いをさせて頂きます。

京都府で農機具を高く買い取りをしてもらう為にしておくべきメンテとは?

中古農機具の買取査定で、業者が必ずチェックする箇所があります。

下記の5項目を覚えておくのもいいでしょう。

  • 型番 (メーカー/モデル/年式)
  • アワメーター (使用時間)
  • エンジンの駆動 (四輪駆動/二輪駆動)
  • タイヤ、クローラー (パンク、割れ、減り具合)
  • 外観 (サビ、割れ、色あせ、オプション)

まずは型番といわれる型式番号です。

これは車体に貼られているシルバーのシールプレートに書かれています。

型番ひとつでメーカー、モデル、年式、馬力など機械の情報がわかります。

次にアワメーターといわれる使用時間です。

(※機械によってないものもございます。)

車では走行距離が運転席の前に表示されていますが、農機具の場合は使われた時間が表示されています。

もちろんまったく同じ型式の機種でもアワメーターが若い方が査定金額は高くなりやすいです。

次にエンジンの駆動です。

(※機械によってないものもございます。)

駆動で代表的な機械はトラクターになり、車と同じで二輪駆動、四輪駆動があります。

トラクターが出た当初は二輪駆動が主流でしたが、より地面をしっかり走行する目的から四輪駆動ができました。

ですので、今は四輪駆動が主流となってきております。

同じ年式のものでも二輪駆動より四輪駆動の方が大きく査定金額も変わってきます。

次にタイヤ、クローラーなどになります。

この箇所は主にパンクをしていないか、タイヤの溝はまだまだあるか、ひび割れなどしていないかなど劣化の具合を調べます。

劣化がひどい場合、すぐに取り替える必要がありますので査定額にも影響する可能性があります。

次に外観ですが、もちろん見た目も大事な査定のポイントになります。

屋根のついた倉庫、納屋できっちり管理されているのと、雨晒しにされているのでは、色褪せやサビに大きく影響されます。

そのような劣化も査定額に関わってきますので注意しましょう。

他に、オプションとしてパーツ,部品を別で購入してつけられてる場合は査定額がアップする可能性がありますので業者には忘れず伝えましょう。

全く同じ種類&同じ状態の農機具でも「買取価格が数万円~数十万円違う」可能性は出てきます。

ですので日々しっかりとメンテナンスされていて、状態がいいものというのはもちろん高価買取になりやすいです。

まずは今の現状をご相談いただければと思いますのでネクストまでお気軽にご連絡ください。

京都県の対応エリア詳細

  • 京都市
  • 福知山市
  • 舞鶴市
  • 綾部市
  • 宇治市
  • 宮津市
  • 亀岡市
  • 城陽市
  • 向日市
  • 長岡京市
  • 八幡市
  • 京田辺市
  • 京丹後市
  • 南丹市
  • 木津川市
  • 大山崎町
  • 久御山町
  • 井手町
  • 宇治田原町
  • 笠置町
  • 和束町
  • 精華町
  • 南山城村
  • 京丹波町
  • 伊根町
  • 与謝野町