メニュー

新潟県対応の中古農機具買取サービス

新潟県での農機具買取について

新潟県は、日本海に面した県で、北東は山形県、東は福島県、南は群馬県、長野県、西は富山県に隣接しています。

県土面積は、12,584平方キロメートルで、全国第5位の広さです。

無料問い合わせ0120-700-399

買取の流れ

お問い合わせ
step1
出張査定
step2
お支払い
step3ご成約 (即日現金)
引き上げ
step4
未来につなげる
step5

新潟県の対応エリア詳細

  • 新潟市
  • 長岡市
  • 三条市
  • 柏崎市
  • 新発田市
  • 小千谷市
  • 加茂市
  • 十日町市
  • 見附市
  • 村上市
  • 燕市
  • 糸魚川市
  • 妙高市
  • 五泉市
  • 上越市
  • 阿賀野市
  • 佐渡市
  • 魚沼市
  • 南魚沼市
  • 胎内市
  • 聖籠町
  • 弥彦村
  • 田上町
  • 阿賀町
  • 出雲崎町
  • 湯沢町
  • 津南町
  • 刈羽村
  • 関川村
  • 粟島浦村

新潟県の農業事情

稲作が中心の農業のため、田は農地の約9割にものぼります(平成30年)。

一方、畑は海岸ぞいの広い砂丘地や川の両岸、丘陵地などにつくられてきました。

最近では、稲作を減らすための転作などによって、田の中でも麦や大豆、野菜、花などがつくられています。

お米(こしひかり)の最大産地。全国一の作付面積と収穫量をほこる

また、野菜、くだもの、花、きのこなど、全国的にも生産順位の高い作物がたくさんあります。

新潟県の主要な農業について

主要な産業としては農業が挙げられる。

米作(コシヒカリ)が中心で、コシヒカリの収穫量は日本一である。

特に魚沼地方で栽培されるコシヒカリは「魚沼産コシヒカリ」として食味日本一の評価を受けるトップブランドであり、日本一の米どころであるといえる。

また、米に関連して米菓(煎餅、あられなど)の生産額も日本一、日本酒も兵庫県、京都府に次ぐ第3位で酒蔵数は日本一である。

米以外では、茄子と枝豆の作付面積が日本一。また、チューリップ、西瓜の栽培も盛んである。

漁業も盛んであり、蒲鉾など魚肉練り製品も有力である。

なぜ新潟県で米づくりがさかんになったのかというと、新潟県にはおいしいお米ができる条件として、昼夜の寒暖差がある気候の他、信濃川や阿賀野川などの大きな河川があり、これらの河川は上流から豊富な雪解け水とともに肥沃な粘土質の土壌を運び、米づくりに必要な養分を含んだ用水が平野部を潤します。

現在、主に新潟平野という広大な平野を中心に、米づくりがさかんに行われていますが、そこでの米づくりは簡単に発達したわけではありません。

新潟県の米づくりは、先人たちの数々の努力の賜物(たまもの)なのです。

新潟県を含む北陸地方は、かつて「越(こし)の国」と呼ばれていました。

コシヒカリの「コシ」は「越の国」を意味し、「ヒカリ」は「光」のことを指します。

つまり、「越の国に光り輝く」品種になるようにとの願いを込め、「コシヒカリ」と名づけられました。

高品質で知られる〈コシヒカリ〉〈新之助〉だけでなく、ほかの品種・ブランドも高品質な米が多い新潟米。

新潟米のなかで、もっとも早く収穫されるのは、

〈葉月みのり〉8月(葉月)に収穫・販売(みのり)することから命名されたそう。粒大は、通常の数値より下がりはしますが、ツヤと適度な粘りがある品種です。

〈ちほみのり〉〈ゆきん子舞〉〈つきあかり〉は早生品種で、8月末には収穫されます。

その後は、粘りが強い低アミロース米の代表品種〈ミルキークイーン〉から、晩生品種である〈あきだわら〉〈あきあかね〉、〈みずほの輝き〉などが並びます。

新潟県でよく収穫される農作物

耕地面積は16万9,600haで、全国第2位。

うち田面積は15万600haで2位、耕地の89%を占める。

農業産出額は2,462億円で、全国第13位。

米の産出額は1,445億円で1位、県の農業産出額の59%を占めている。

米の生産量は日本一。

田植機による田植え新潟県の農業生産額の中で、米は約57%を占め、全国第1位となっています。

砂丘地から山間高冷地までの特色ある気候風土を活かして多種多様な野菜、果物、花きを生産。

えだまめ、すいかの収穫量、ゆりなどの切り花の栽培面積は全国トップクラス、かきやなしなどの果樹も多く栽培され全国的にも有名。

新潟県対応店舗の情報

私どもネクストは、全域対象地域として日々営業スタッフが走り回っております。

中では、遠いけど大丈夫?出張費かかるの?などご心配されるかたもおられますが決して弊社からお金をいただくことはございません。

私どもは、店舗を増やすことでかかるリスクや経費を削減すること、また毎日数件の査定を近辺で組ませていただくことで無理のない出張無料査定を可能にしております。

ご安心してお困りのことがありましたらお気軽にネクストにご相談ください。

使い終えた農機具を次使いたい方に繋げるお手伝いさせて頂きます。

無料問い合わせ0120-700-399

新潟県で高く買い取りしてくれる買取業者を選ぶポイント

買取額に相場はありますが、その中で業者によって価格に差があります。

まず業者選びに気にするべきポイントが、国内販売や貿易販売、業者販売など販売ルートが多数ある業者選びが大切です。

その機種、状態にあった1番良い販売経路を持っている業者は比較的に高価買取がしやすくなっております。

それでも相場がわからない方はもちろんたくさんおられます。

相場がわからないと不安にもなりますので、そんな方は相見積もりをオススメします。

数社査定を依頼して査定金額を比べてみるのもいいでしょう。

その際は、是非ネクストにお声がけください。

私どもは使い終えた農機具を次使いたい方に繋げるお手伝いをさせて頂きます。

新潟県で農機具を高く買い取りをしてもらう為にしておくべきメンテとは?

中古農機具の買取査定で、業者が必ずチェックする箇所があります。

下記の5項目を覚えておくのもいいでしょう。

  • ☆型番 (メーカー/モデル/年式)
  • ☆アワメーター (使用時間)
  • ☆エンジンの駆動 (四輪駆動/二輪駆動)
  • ☆タイヤ、クローラー (パンク、割れ、減り具合)
  • ☆外観 (サビ、割れ、色あせ、オプション)

まずは型番といわれる型式番号です。

これは車体に貼られているシルバーのシールプレートに書かれています。型番ひとつでメーカー、モデル、年式、馬力など機械の情報がわかります。

次にアワメーターといわれる使用時間です。(※機械によってないものもございます。)車では走行距離が運転席の前に表示されていますが、農機具の場合は使われた時間が表示されています。

もちろんまったく同じ型式の機種でもアワメーターが若い方が査定金額は高くなりやすいです。

次にエンジンの駆動です。(※機械によってないものもございます。)

駆動で代表的な機械はトラクターになり、車と同じで二輪駆動、四輪駆動があります。トラクターが出た当初は二輪駆動が主流でしたが、より地面をしっかり走行する目的から四輪駆動ができました。

ですので、今は四輪駆動が主流となってきております。同じ年式のものでも二輪駆動より四輪駆動の方が大きく査定金額も変わってきます。

次にタイヤ、クローラーなどになります。

この箇所は主にパンクをしていないか、タイヤの溝はまだまだあるか、ひび割れなどしていないかなど劣化の具合を調べます。

劣化がひどい場合、すぐに取り替える必要がありますので査定額にも影響する可能性があります。

次に外観ですが、もちろん見た目も大事な査定のポイントになります。

屋根のついた倉庫、納屋できっちり管理されているのと、雨晒しにされているのでは、色褪せやサビに大きく影響されます。

そのような劣化も査定額に関わってきますので注意しましょう。

他に、オプションとしてパーツ,部品を別で購入してつけられてる場合は査定額がアップする可能性がありますので業者には忘れず伝えましょう。

全く同じ種類&同じ状態の農機具でも「買取価格が数万円~数十万円違う」可能性は出てきます。

ですので日々しっかりとメンテナンスされていて、状態がいいものというのはもちろん高価買取になりやすいです。

まずは今の現状をご相談いただければと思いますのでネクストまでお気軽にご連絡ください。