メニュー

クボタ中古農機具買取

クボタについて

クボタは農業機械メーカーという印象が強いと思われがちですが、実際は農業機械だけではなく、建設機械、エンジン、水のインフラ整備など幅広く事業を展開している大阪にあるメーカーです。

無料問い合わせ0120-700-399

買取の流れ

お問い合わせ
step1
出張査定
step2
お支払い
step3ご成約 (即日現金)
引き上げ
step4
未来につなげる
step5

クボタの農機具買取実績

 千葉県 香取郡東庄町

 クボタ    コンバイン

HP蜀咏悄邏譚4620693218559666708.48eb3830b1a529576cb563e93c101185.21080703.JPG

エリア  千葉県 香取郡東庄町  2021/08
メーカー  クボタ
型式

ER213

買取相場   ¥200,000~

 福岡県 北九州市小倉南区 

 クボタ    コンバイン

HP蜀咏悄邏譚4620693218559666708.afb92d6a7f323fc5f33cc4e213817364.21080703.JPG

エリア 福岡県 北九州市小倉南区   2021/08
メーカー  クボタ
型式

 AR216

買取相場   ¥220,000~

 千葉県 匝瑳市

 クボタ    コンバイン

HP蜀咏悄邏譚4620693218559666708.c6aaf292da324363be444c3fe69918d7.21080703.JPG

エリア 千葉県 匝瑳市  2021/08
メーカー  クボタ
型式

 SR30

買取相場   ¥100,000~

 福岡県 大牟田市

 クボタ    田植機

HP蜀咏悄邏譚4620693218559666708.a871f3a817b3789e1b7999280a01b7f5.21080703.JPG

エリア  福岡県 大牟田市  2021/07
メーカー  クボタ
型式

 JC4

買取相場   ¥60,000~

 栃木県 芳賀郡芳賀町

 クボタ    トラクター

C2F87B1A-2DFC-48E8-BDB1-D14CCC8B27D4.jpeg

エリア  栃木県 芳賀郡芳賀町  2021/06
メーカー  クボタ
型式

 B1-14

買取相場   ¥90,000~

 岐阜県 海津市

 クボタ    田植機

HP蜀咏悄邏譚4620693218559666708.66cd51e4b8013a3e184bb28f196b32a8.21080607.JPG

エリア  岐阜県 海津市  2021/08
メーカー  クボタ
型式

 SPU500

買取相場   ¥100,000~

クボタの歴史

1890年に鋳物業を立ち上げたことが始まりで、創業約130年の歴史がある企業です。創業者久保田権四郎氏の信念「技術的に優れているだけでなく、社会の皆様に役立つものでなければならない。」は今でも受け継がれており、「食料・水・環境」に関わる社会課題の解決を企業活動において取り組んでいます。

現場に適した製品を開発することで競合他社よりも優位性があり、海外売上比率68.8%(2018年)と関西屈指のグローバル企業です。

「For Earth, For Life」 はコマーシャルでも有名です。

人類の生存に欠かすことのできない食料・水・環境。

クボタグループは、優れた製品・技術・サービスを通じ、

豊かで安定的な食料の生産、安心な水の供給と再生、

快適な生活環境の創造に貢献し、地球と人の未来を支え続けます。

クボタの主要農機具

  • 農業機械:トラクター・コンバイン・田植機など
  • 建設機械:ユンボ・バックホー・ショベルカー・キャリアなど
  • 建築材料:鋼菅杭・鋼菅矢板・ラクニカンジョイント
  • 産業用ディーゼルエンジン
  • 発電溶接機 - 他社に多くのディーゼルエンジンを供給している。自社製品の発電溶接機にも自社開発エンジンを搭載している数少ないメーカーである。
  • 自動販売機 - 2017年12月末を持って撤退

クボタの魅力

国内シェア率第1位 世界シェア率第3位

2015年の農林水産省の推計資料によると、国内で農機具のトップシェアはクボタです。シェア率は35%で、日本の農機具市場の売り上げの3分の1をクボタが占めている計算です。農業や農機具にそれほど詳しくない方でも、クボタの名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

2019年にはなんと世界3位という結果も残し、世界のクボタとなりました。

1890年に大出鋳物として創業し、1990年に現在の株式会社クボタに改名しています。本社は、大阪府大阪市に置いています。現在は「For Earth,For Life」というスローガンのもと、常に日々の農作業を効率化できる製品の開発に取り組んでいるメーカーで、次世代の農業のあり方を見据えながら時代のニーズに応えています。

意外かもしれませんが、売上高の約7割にあたる1兆2,580億円が海外での売上で、北米とアジアでの売上が5割を超えています。2020年3月にはインドのトラクターメーカーに出資し、事業の拡大を図っています。

農業機械で圧倒的なシェアを誇るクボタでは、田植え作業の省人化と作業効率化に向け、2020年1月に業界初の自動運転農機の販売を発表。また自動車業界のEV化の流れを受けて、電動トラクターの試作機を公開し、圃場確保に必要となる草刈り機においては、傾斜地作業が可能なラジコン型を発売。2020年4月には、一部地域で農機の所有者と一時利用希望者とのマッチングシェアリングサービスの試験運用をスタートさせています。

無料問い合わせ0120-700-399